JAL燃油サーチャージ徴収廃止

日本航空(JAL)2016年4月1日から5月31日までの発券分の航空券について、燃油サーチャージを徴収しないと発表

日本航空(JL)は2月9日、4月1日から5月31日までの発券分の航空券について、燃油サーチャージを徴収しない(無料)と発表しました。
日本航空JAL燃油サーチャージ無料へ2015年12月から16年1月までのシンガポールケロシン市況価格が1バレルあたり平均42.98米ドルで、円貨換算額が5163円になったことを受けたもの。
JLは海外発航空券の燃油サーチャージについて、15年12月分から徴収しておりませんでした。
今回、円換算額が適用基準の6000円を下回ったことで、日本発航空券の燃油サーチャージについてもゼロ(無料)と決定した。
同社によると、燃油サーチャージをゼロにするのは09年7月から9月までの2ヶ月以来、約7年ぶりとなる。
JLでは昨年2月に、日本発航空券の燃油サーチャージの適用基準を米ドル建てから円建てに変更。
燃油サーチャージの廃止基準が1バレルあたり60米ドルから6000円に変わったことで、燃油サーチャージゼロ(無料)化への道のりは遠のき、
旅行会社からは「実質的な値上がり」との声が挙がっていた。
なお、全日空(NH)についても、JLと同様の適用基準のため、4月から5月までの発券分の航空券の燃油サーチャージは徴収しない(無料)見込みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です