EKエミレーツ航空 機材入れ替え計画発表

EKエミレーツ航空は2016年の機材計画を発表した。2016年退役予定機材は26機、平均機齢は15.7年と業界平均25年を大きく下回る。新たな投入機材はエアバスA380型機20機、ボーイング777-300ER型機16機の予定。これにより静粛性・CO2排出・燃費・快適性を大きく改善できると思われる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です