taiyoair のすべての投稿

変異株指定国・地域67に増加

格安航空券で日本帰国時、新たに変異株指定国・地域ハワイ州・ニューヨーク州などが追加になり
67に増えました。

水際対策として国籍問わず日本に入国された全ての人は14日間の隔離が必要です
その中で下記変異株(オミクロン・デルタ株)指定国・地域からの入国の場合は
14日間の隔離の中。数日は検疫所が定める宿泊施設内での隔離が必要になります
日数は国・地域により設定されていますので下記URLご確認ください

水際対策上特に対応すべき変異株等に対する指定国・地域について


変異株(オミクロン等)指定国が新たに64カ国・地域に拡大

格安航空券で海外からの入国時基本的には14日間の自宅隔離が必要ですが
厚労省が定める変異株(オミクロン等)指定国・地域からの入国の際には
14日間のうち「検疫所が確保する宿泊施設」に隔離宿泊が必要になります
国や地域により検疫所指定宿泊施設の宿泊数は変わりますので
随時厚労省の下記HPにてチェックしてください

厚労省変異株指定国・地域


中国健康コードがイエローからグリーンに変わらない

2021/12/10現在 格安航空券で中国へ渡航されるかたは搭乗の2日間以内に健康グリーンコード
をPCRと抗体のダブル検査後WEBで申請しなければなりません
通常はWEB申請後数時間で確認中のイエローからグリーンの色に認証マーク
がかわりますが、グリーンになかなか変わらない場合は大使館・領事館に電話
して督促するのをおすすめします
東京大使館:03-3403-5633
大阪領事館:06-6445-9481


自主隔離期間中の注意点

隔離期間を14日から10日間へ短縮しても期間中行動には制限ございます
家族と共同のトイレ・お風呂・台所は使えないので実質10日間の隔離ホテルが必要です
(帰国当日に一人住まいの方は自宅へ帰ることは可能ですが・通勤列車・バスは利用不可)

特定行動ガイドライン

クリックして000856030.pdfにアクセス


インド就労査証取得歴のある方の必要書類変更・東京

4月28日現在、長期(就労)査証取得者が任期満了後にインド査証を申請する場合に
必要なFORM16(インドの納税証明書)の提出基準が変更となっています。
従来は任期終了後、新規で業務・就労査証を申請する場合のみTermination Letterおよび
Form16が必要でしたが、今後はカテゴリーに関わらず提出が必要となります。ご注意ください。
(新)
長期(就労)査証取得者が任期終了後1年以内に、新規で査証を申請する場合、
Termination Letterおよび赴任期間中のすべてのForm16が必要。
ただし任期終了から1年以上経過している場合でも、領事判断により提出を求められる場合がある。
Termination Letterは、現地での任期を終了したことを証明するもので、
現地勤務先企業発行のオリジナルに限る。