ANA、ベトナム航空 秋にも共同運行

CX8G-sIUwAAaX4O
ANAグループはこのほど、ベトナム航空(VN)とアジア地域での戦略的な業務・資本提携について基本合意した。同グループが海外の航空会社との資本提携に合意したのは、アシアナ航空(OZ)に続き2社目。全日空(NH)はスターアライアンス、VNはスカイチームに所属しており、アライアンスを越えての資本提携は今回が初めてとなる。同グループは今回の提携により、コードシェア便の運航やマイレージの提携などをおこなう予定。
 今回の提携では、ANAグループがVNの株式の約8.8%を2兆4310億ドン(約130億円)で取得。ベトナム政府当局からの認可取得などが条件で、最終契約の完了は今夏を見込む。
 コードシェアは今年中に開始したい考えで、当初は日本/ベトナム間を、その後は日本およびベトナムの国内線も対象としていく予定だ。VNは現在、日本航空(JL)とコードシェアをおこなっているが、NH広報部では「我々とのコードシェア開始時にJLとのコードシェアを解消しているかどうかは分からないが、資本提携をおこなうということは、我々を優先してもらえるという風に認識している」との見方を示している。このほか、ANAグループの取締役をVNの取締役として派遣する。
 なお、NHは日本/ベトナム間において、羽田/ハノイ線と成田/ホーチミン線を運航中。VNは成田、羽田、関空、中部、福岡からホーチミン、ハノイなどへ直行便を運航している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です